2013年7月24日  ぼけない小唄


 毎朝近くの山でラジオ体操して大声で叫んだあと歌を歌います。

メンバーは60-70代とかなりの高齢者が10名前後。曲はフォークソングや唱歌など様々。

その中で面白い歌があったので紹介します。

 

 「ぼけない小唄」・・・お座敷小唄の替え歌

         明治橋病院 副医院長 作詞

一.何もしないでボンヤリと テレビばかりを見ていると

呑気なようでも年をとり いつか知らずにぼけますよ

二.仲間が居ないで一人だけ いつもすることない人は

夢も希望も逃げていく 歳もとらずにぼけますよ

三.お酒も旅行も嫌いです 唄も踊りも大きらい

お金とストレスためる人 人の二倍もぼけますよ

四.風邪を引かずに転ばずに 笑い忘れずよくしゃべり

頭と足腰使う人 元気ある人ぼけません

五.スポーツ、カラオケ、囲碁、将棋 興味ある人 味もある

異性に関心持ちながら 色気ある人ぼけません

六.歳をとっても白髪でも 頭はげてもまだ若い

演歌唄ってアンコール 生きがいある人ぼけません



さすがに病院の先生だけあって、前3番はボケる原因を、後ろ3番はボケ防止を作詞している。
われわれグループは今のところボケた人はいません。念のため。