2013年7月25日 地ビールで乾杯


 少し古い話になりますが自宅でビールを製造していたことがあります。

知り合いから地ビール製造器をいただいたので始めたのですが、簡単なので紹介します。

ピルスナービールというよりラガービールと言った方がわかりやすいですが、ピルスナーはラガーの1種だが日本人のほとんどがこのビールを飲んでいます。

ビールは大麦が原料であることはわかっているが、素人が一から作るのは大変。そこでピルスナーの原料・・・イギリスの某メーカーが仕込み・煮沸の終わった水あめ状のもの・・・を缶詰で買ってきます。

1.缶から取出し50℃くらいのお湯で溶いてビール酵母を混ぜる。

2.これをよく消毒した保温タンクに入れ20℃で10日間貯蔵。

3.10日後下部に溜まった澱を乱さないように上澄み液を取り出し、あらかじめ用意したビール瓶に詰めていきます。

4.ビンに少量の砂糖を入れて王冠で密封。

5.あとは1週間待つだけで出来上がり。

6.10リットルのタンクで大びん約16本程度できます。

7.水に名水100選のものを使用したり、味付けにキューリやトマトを入れるとさらにおいしいビールが完成します。

熱処理していないので生ビールです。あとはみんなで乾杯して楽しく飲みます。

タンク下部に溜まった澱はビールメーカーではビオフェルミンとかエビオスという名で販売しております。