2013年8月21日 日本のテレビは品質が悪い

 

日本では地デジに変更して美しい映像を楽しめるようになりました。しかし聴覚障害者は音声が聞き取れないので字幕を画面に出します。この字幕が問題。文字は大きくて読み取りやすいのですが画面の中央付近に出てくるので、せっかくの映像がこの文字に隠れてみえません。サッカー観戦ではボールがどこにあるのか見えない。ワーという観衆の声でゴールしたのがわかるような状態です。

タイや中国を訪問した時ホテルでは50~90チャンネルが映ります。

しかもアメリカのCNNや日本のNHKなどチャンネルも常時見れるのです。字幕はテロップとして画面の下方に流れるので画面を隠すことはありません。これらと比較して日本のTVのなんと品質の悪いことか。これはハードではなくソフトの話になるのですが、両者一体でことは進めるべきはずのものです。日本はどうもソフト面が立ち遅れているといっても過言ではありません。