2015年1月11日     愛宕山登山

 

 今年も毎年登っている愛宕山へ行ってきました。 体調と天気が良い時に自分としては毎年恒例の行事になって、早10年以上になります。

 朝7時半頃に阪急嵐山駅を出発し、徒歩で清滝に向かい歩いていると、清滝トンネルの横の道が土砂くずれで閉鎖になっており、仕方なく清滝トンネル内の道を歩くことになりました。約300m道をライトの光だけでは暗く、また道幅が狭いために極力早歩きで突破しました。大変怖い思いをしました。

 9時頃から登山口の右側方向7km(左方向は参道4km)に沿って歩き始め  1時間ぐらい経過し始めると雪が多くなり、倒木の木から3本の枝木が伸びており、10年前から比べると3倍ぐらい大きくなった様な気がします。さらに登ると雪の量は多くなり深いところで20~30cmはあるようです。アイゼン無くしては大変危険です。

 11時頃にようやく愛宕神社に到着です。境内の温度計は- 3度を示しており大変寒く、手の感覚が少し無くなってきました。用事を済まして早々に下山することにしましたが、途中疲れている為か軽アイゼンでは時々滑ることがあり、足が攣りそうになることがあります。そんなこんなで阪急嵐山駅に到着したのは2時半頃でした。

 3時半前には家に着き、急いで登山用具の汚れを落としたり、服の洗濯やで、バタバタと2時間が過ぎ、非常に長い一日となりましたが、大変清清しい気分で夜のご飯のビールが大変旨く感じました。

 また、来年も登山出来るように精進しようと思います。

 皆様に感謝!感謝!感謝!

M.F.


 渡月橋に雪山(愛宕山方向)


 左方向は参道で愛宕神社まで約4km

右方向は登山道で愛宕神社まで約7km 

  今回は右方向へいざ

 

 


 竹林を通って清滝へ


 いよいよ山に入ります

 



 倒木に枝木が3本

 


 道に倒木2本(左は坂、仕方なく跨ぐ)

 


 枝に雪(今年は少し多い)

 

愛宕神社

 全国に約900社を数える愛宕神社の本社として、京都市最高峰の霊山である愛宕山上に鎮座する。
 古くより火伏・防火に霊験のある神社として知られ、京都府内はもとより近畿地方を中心に全国から参拝者が絶えない。



参道

 帰りはこの方向で、反対方向は愛宕神社。